FC2ブログ

山の音

虫関連の備忘録。不定期更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーレンカンプ ビン交換

A_M_moellenkampi_0001

モーレンカンプオウゴンオニのプリンカップに結構食いカスと青カビが目立つものが出てきました。
なのでまとめて交換。

まだ全頭が2齢でしたが持ちを考え荒めのチップを使ったものです。交換めんどくさいので。

A_M_moellenkampi_0002

しばらくしたら潜っていきました~。
しっかり食ってほしいです。

個人的にアジア以外の種にはクヌギよりもブナが合う気がします。(東南アジアの種もブナ)
体感ですが落ちたり、拒食になる確率が低いです。
菌糸ビンの持ちだけを考えるだけならクヌギがいいのでしょうけど、しっかりと腐朽してくれるほうがいいですよね。
特に木材をそのまま食べても養分にしにくい、一度菌による分解を受けないと消化が難しいという面を考えてみますとブナかなぁ。なんて思ってます。
うちでは基本的に全頭ブナのカワラタケで飼育しています。
ヒラタケ・オオヒラタケも個人的には敬遠しているのですがそこはまた別の機会、あるいは過去の記事に書いてあるかも(忘れた)

今回は例外的にクヌギカワラからの切り替えです。
樹種を途中で変えるのはあまり好ましくはないんですけど、今回一頭がうまく成長していないんですね。
しっかり食ってはいるのだけど太っていかない……。
交換する前に別の一頭が同様の症状で落ちていますので、大事を取ってブナで様子見。
さらに調子のいい個体の食べカスを交換の際多めに入れておきました。

まだ血を入れ替えてから累代は浅いのだけど、ちょっと虚弱な系統になっているかもしれません。
他系統の個体を仕入れるべきか悩む。


追記

A_M_moellenkampi_0003

底までたどり着いてました!
こいつは兄弟の中で一番元気なやつです。
期待できますねー。
こうやって目に見えるところに出てきてくれると幼虫フェチにとってはたまらん。
ひたすらに食事していく風景を眺めるのが楽しい。
AllotopusやMesotopusは食べカスや糞を奥に押し込んで、幼虫の周りに広い空間を作ります。
これが観察しやすくて実に私向け。
オオクワやヒラタなどはそのまま食い散らかしてカスが飛び散っているのではっきりと幼虫を観察できずつまらない。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。