FC2ブログ

山の音

虫関連の備忘録。不定期更新。

オニクワガタ 001

オニクワのマット交換をしました。

Prismognathus angularis angularis larva 001


オニクワガタ
Prismognathus angularis angularis

最大でも30㎜は超えない小型種で、
それゆえ幼虫は場所を取らず、放置気味の管理をしています。
気を付けるのは温度くらいなので飼育は簡単な部類です。
しかし羽化後の寿命は数週間しかないために羽化ズレが非常に心配される虫でもあります。

顎の形状は独特で、名前が似ているオウゴンオニとは違った渋い趣のある種ですね。
いつかキンオニも育てたいです。

小型種もっと流行らないかなー。
スポンサーサイト

Comment

らん  

渋い!

オニクワガタ・・・渋くていいですねー笑

でも実は去年、職場の同僚がクワガタ捕まえたぞーって私にクワガタを何回かくれたことがあったのですが、その中に1匹だけオニクワガタがいて、それが初めて見るオニクワガタでした^^

その時、初めて見ることができ、嬉しくてずっと見てたらカッコいいことに気が付きました笑

なので今年は自分の手で採取したいですね^^

2014/02/20 (Thu) 18:39 | EDIT | REPLY |  

右利き  

こんばんわ

昨年材割りしたところではオニも取れるらしかったのですが運悪く採集することができませんでした。
今年はリベンジしたいと思います。

キンオニはカッコいいですよね。
サイズもちょうどいいですしね。
最近捕れてるのかな?

2014/02/20 (Thu) 20:13 | EDIT | REPLY |  

かっき  

鬼鍬形も!

今は大型種全盛期ですね~
私も許されるのであれば、幼虫フェチなので、
大型種をどんどん飼育したいのですが・・・
ちょっと大型種からは撤退気味です。

その中でも、ネブトやオニは独特の顎の形状で、
小粒でもピリッとした刺激がありますね!
あの顎の形状がたまりません(笑)

2014/02/20 (Thu) 20:29 | EDIT | REPLY |  

こえだ  

Re: 渋い!

らんさん

オニクワは高山種ですが北海道では平地でも見られるようですね。
同僚の方もそういった個体を捕まえたのでは?

渋い顎は本当に魅力的ですが、3齢後期から落ちやすいようなので、
気を付けて管理して成虫の姿を拝みたいと思います!

2014/02/20 (Thu) 23:01 | EDIT | REPLY |  

こえだ  

Re: こんばんわ

右利きさん

オニクワは成虫で採れることは稀でほとんどが幼虫での材割り回収ですね。
場所によってはけっこう採れるみたいですね
ぜひリベンジ頑張ってください!

キンオニはまた違った魅力がありぜひ欲しい種のひとつです。
最近あまり見ませんね。
対馬はなかなか行けませんからねー。

2014/02/20 (Thu) 23:06 | EDIT | REPLY |  

こえだ  

Re: 鬼鍬形も!

かっきさん

大型種は迫力がありかっこいいですね。
私も飼育したい気持ちは常々持っています(笑)

ですが小型種もそれぞれ特徴がよく出て面白い種が多いですね!
スペースも取らないしもっと普及して欲しいです。
普及の為もっと宣伝活動をしていきます(笑)

2014/02/20 (Thu) 23:13 | EDIT | REPLY |  

くわがた散歩道  

オニ!

オニまで飼われてるんですね。もうびっくり箱です。独特の風合いで野外で見つけるといつも驚かされます。 材を割ると意外と居るので飼いやすい気はしてましたが、やはりか・・・な~んて思って読んでました。

2014/02/21 (Fri) 20:05 | EDIT | REPLY |  

こえだ  

Re: オニ!

くわがた散歩道さん

材割りすると場所によってはたくさん採れるみたいですね。
飼育は基本的に簡単ですが、
セットで産ませる際は水分がやや多めのやわらかい材、
幼虫飼育は水分をやや少なめにすると上手くいきますね。
水分管理を気を付ければやや低めの温度で管理するだけでいけますからズボラな管理でも大丈夫です(笑)

2014/02/21 (Fri) 22:57 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest