山の音

ひっそりと復活しました。

Archive: 2014年03月

スポンサーサイト

no image
 --, --

モセリ 003 ♀蛹化

 23, 2014

引っ越しの準備中、虫たちを箱に詰めていると幼虫が1頭蛹化していました。モセリは3頭飼育していて、2頭は♂。既に羽化しています。♀を何とか手に入れたい……。しかしショップを見てもヤフオクを見てもあるのはローゼンベルグやババばかり……。どうしようかと悩んでいたところ♀として蛹化してくれました!なんという孝行娘。これでブリードできそうです。しかし今は時期が悪い……。どうせなら引っ越し後に蛹化してもらいたかった。まあ...

昆虫のサイズ

 17, 2014

私たち人間を含め、様々な動物は成長を制御する因子を体内に持ち、それによって体のサイズを制御しています。昆虫でもそれは同様で、インスリン関連因子がその役割のひとつを担っています。以下のデータはショウジョウバエのものですが、クワガタ・カブトにも転用が可能だと思われます。成長を調節する因子として良く知られているのがインスリン様ペプチドです。これは、インスリンに構造のよく似た内分泌ペプチドホルモン群の総称...

カイコ 001

 13, 2014

古代中国に始まり古くより日本で行われてきた養蚕。最近は少なくなりましたが、学校で飼育した経験がある方もいるはず。(私の学校はカブトムシを飼育していました)前々から気になっていたので、つい手を出しちゃいました。カイコBombyx moriなんとも愛くるしい姿です。クワガタ・カブトの幼虫とはまた違った可愛さ!まだ4齢ですから小さいですね。ここから1週間ほどで5齢、さらに1週間ほどで糸を吐き繭になります。カイコは2ヶ月...

ゴトウヒラタ 002 ♂羽化

 10, 2014

♀に続き♂も羽化してきました。上の個体が少し前に羽化していた事は知っていたんですが、手前の個体はさっき容器を見たところ羽化してる事に気づきました。慌てて2匹並べて写真撮影。ブログをやっているとこういう時にネタ発見!と思ってしまいますね。やはりツシマ系なので顎がすらりと伸びてきれいです。本土ヒラタの無骨なデザインも好きですが、ツシマ系は刀のようなシャープさをイメージさせます。そして気になるサイズは……。...

ミツノカブト sp. 002 マット交換

 06, 2014

今日は啓蟄ということで、虫ブログを更新するには絶好の日ですね。というわけで更新。幼虫が大きくなり、容器が手狭になってきましたのでマット交換&容器を大きなものへ変えました。手前の幼虫は3齢になっていますね。これから一番食べ盛りの時期でしょう。奥の幼虫はまだ2齢でしたがじきに加齢すると思います。ミツノカブトの顔は特徴的な気がします。指で触ると噛みついてくるけっこう狂暴な面もあります。ヤフオクでミツノsp....

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。