山の音

ひっそりと復活しました。

Archive: 2014年02月

スポンサーサイト

no image
 --, --

モセリ 002 ♂羽化

 28, 2014

昨日ふと見たらモセリの♂が羽化寸前!しかし蛹室の状態が非常に悪い……。↑昨日の状態。そこで今日羽化するところを見守ることに。写真を撮ったので順に貼っていきます。↑本日、羽化直前。↑羽化開始。↑ここで蛹室が崩れているため体の反転が上手くできていないことに気付き、体をひっくり返してあげました。↑鞘翅の間にオガが挟まっており十分に伸ばせない状態になっていました。そこでオガを取り払い蛹の皮を一部取り払います。↑徐...

北海道のクワガタ

 27, 2014

お久しぶりです。しばらく所用で北海道に行ってきました。そこで、北海道のクワガタ分布について投稿してみます。もっと詳しい人がたくさんいらっしゃるので、興味が湧いたら調べてみると面白いと思います。北海道には分布境界線が複数存在し、そのラインに沿って昆虫も分布しています。クワガタについて限定するならば、「ブラキストン線」と「河野線」の2つが重要になります。この2ラインを図にすると↓のようになります。朱色の...

ジュリアニジイロ 001

 21, 2014

ジュリアニジイロのマットを換えました。ジュリアニジイロカナブンStephanorrhina juliaまだ初齢ですからとても小さくて、気を付けて扱わないと潰してしまいそうです。所見ですが、他のアフリカ産の飼育が容易な種(シロヘリ等)と同じ扱いでいいのではないでしょうか。まずは無事羽化、そしてペア成立を願って飼育頑張ります。こちらのサイトを見ると近縁の種が結構いて、差異は小さいようですね。ニジイロカナブンなどは単独で出...

オニクワガタ 001

 20, 2014

オニクワのマット交換をしました。オニクワガタPrismognathus angularis angularis最大でも30㎜は超えない小型種で、それゆえ幼虫は場所を取らず、放置気味の管理をしています。気を付けるのは温度くらいなので飼育は簡単な部類です。しかし羽化後の寿命は数週間しかないために羽化ズレが非常に心配される虫でもあります。顎の形状は独特で、名前が似ているオウゴンオニとは違った渋い趣のある種ですね。いつかキンオニも育てたい...

スぺクラリスノコ 003 個別飼育

 18, 2014

前回の割り出しから多頭飼育で管理していましたが、プリンカップで個別管理にしました。殆どの個体が3令になっていました。成長早い個体のほとんどは卵巣原基が見えましたから♀だと思います。……というか♂少ない気がします。無事次世代でペアが成立するのか不安です。入荷もほとんどない虫だから心配だなー。20頭割り出しましたが、1頭消えて今は19頭です。残った個体は元気そうで皮膚にもツヤがありまだまだこれから大きくなってく...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。