山の音

ひっそりと復活しました。

Archive: 2014年01月

オキノエラブネブト 001

 31, 2014

以前よりC/N比について色々と言っていましたが、この仮説を実証すべくいろいろな種で実践してみたいと思います。まず、通常のクワガタより低いC/N比の環境を好むネブトクワガタです。オキノエラブネブトクワガタAegus subnitidus tamanukii野生下ではシロアリが摂食した後の土状の朽木をエサとするネブトクワガタ。シロアリは体内に窒素固定能を持つ微生物を共生させ、その糞には窒素化合物が濃縮されています。飼育下では他種の飼...

原名オーベル 003 育つ。

 30, 2014

原名オーベルのマットが減ってきたので、糞を取り除きマットを足しました。この個体は前回の記事で脱皮していた個体です。最初購入した6頭の内1頭は落ちてしまいましたが、残りの5頭はすくすくと成長しています。オーベルはゴライアスほど肉食傾向は強くないですが、サプリをあげれば食べることがあります。しかし、度々食べ残してしまうのでマットがカビたり、ダニなどの雑虫が発生してしまいます。そこで、サプリの代わりにマッ...

チュウゴククロツヤシカ 001

 26, 2014

チュウゴククロツヤシカクワガタPseudoraetus sinicus sinicus初飼育です。なんとなく入札してみたところ、他に入札者がいなかったため案外安く落札できました。パッと見たところ、タランドゥス♀にペロッティシカの頭を付けた感じ?肢はアカアシクワガタかな?いろんな種をごちゃ混ぜにしたような特異な見た目に惚れました(笑)学名に「偽」と入るだけはありますね。年々この種を飼育している人が減っているようで、ヤフオクなん...

黒点の抑止

no image
 23, 2014

幼虫飼育の際、しばしば起こるのが黒点の発生。私の環境でも過去しばしば発生しては幼虫が死んでしまいました。発生の度合いと場所によっては無事に羽化する場合もありますが、やはり発生しないに越したことはないでしょう。そこで、いろいろと調べてみた結果、「C/N比」が関わっているのでは?という仮説を立てました。C/N比とは、有機物などに含まれている炭素(C)量と窒素(N)量の比率(質量比)のことですが、おがくずは樹種にも...

タランドゥス 004 孵化!

 20, 2014

前回産卵が確認できたボトルで幼虫が孵化しているのを確認。まだまだちっちゃいですねー。とりあえず産卵に使ったボトルはまだ白いところが十分に残っていたのでそこに投入。しばらく多頭管理して体力がついたら個別飼育に移行します。確認できたのは2頭だけですが、有精卵ということがはっきりしましたので正確な頭数は後のおたのしみ。大きく育てよ~!もう一系統カワラ材にて産卵セット組んでいたのですが……。削ってはいたがボ...